お知らせ

ハウツー

「これから就職活動!」の高校生必見!!就職活動で知っておくと便利な求人情報用語特集!

2020.02.14

こんにちは、ジョブドラフトナビ制作部のりさおです。年度末テストもそろそろ始まり、終わった頃にはついに最終学年!卒業後の進路について、悩む方も多いのではないでしょうか。

 

就職しようか悩んでいる方は求人票を見始めたりもしちゃったり。しかし、実際見てみるとなんだかよく分からない用語が並んでたりしませんか?

 

「福利厚生」「決算賞与」「固定残業代」「慶弔見舞金」…なんとなくイメージできるものもあれば全く分からない!そういった用語もあると思います。

 

今回はそんな就職活動中に目にする用語について説明いきます!知っておくと求人情報がちょっとわかりやすくなるお得な記事です♪

 


意外と見逃しがちだけどすごく大事な「福利厚生」って?


「入社した時に入れる保険や制度のこと?」

 

そうですね。大体「福利厚生」とはそのようなイメージです。例えば、仕事で必要になる資格取得にかかる費用を会社が負担がしてくれたり、社員割引で食事や商品が少し安く購入できるなど様々な制度があります。

 

様々な「福利厚生」の中でも最近導入している会社が増えている「ベネフィット・ステーション」という制度があります。

 

特にここではこの「ベネフィット・ステーション」という制度について説明しましょう。
ベネフィット・ステーションとは、全国の宿泊施設を少し安い価格で利用できたり、映画鑑賞やスポーツジムの使用が安く済ませられるなど、とても魅力のある制度です・全体で見ると、なんと全国140万以上のサービスが利用できます!!

この制度を導入しているかどうかは会社によって様々ですが、導入されている会社は「ちょっと良いかも!」と思えますね♪

 

会社にとっても、ベネフィット・ステーションのような制度は社員の満足度を高める制度になるので、お互いにとってメリットがあります。

ベネフィット・ステーションなどの福利厚生の制度を導入しているかどうかに注目して会社探しをするのも一つの手です。

 

 

いただけるのは給料だけじゃない!「決算賞与」って?

学校に「前期」「後期」などの年度が存在するのと同じように、会社にも年度が存在します。学校はすべて4月で年度が変更となりますが、会社では、それぞれの会社によって年度変更の月が異なります。

 

会社の年度が変わる際は「この1年間でこれだけ売上が出たぞ!」という金額を計算するのですが(これを決算といいます)、大きく利益が出た際はそれらを社員に賞与(ボーナス)として支払います。これを「決算賞与」と呼びます!

 

基本、賞与とは「基本給与の○ヶ月分」と金額が決定していますが、決算賞与は臨時ボーナスなので、金額は年によって変更します。つまり、会社に利益が出れば出るほど決算賞与の額は増えるのです!

 


こちらも要チェック!!固定残業代(みなし残業代)って?

固定残業代」は「みなし残業代」とも呼ばれますが、〇〇時間までの残業代は会社が元々支払ってくれているという制度のことを指します。


例えば…「20時間までの残業代30,000円は元々お支払いします。20時間を超えたら追加残業代を支払います」のような形ですね。

 

この固定残業代は基本給与に元々上乗せされている形なので、基本給+固定残業代が月々みなさんに支払われる給与と考えてよいでしょう。


注意すべき点は、20時間までは残業代が『でない』わけではなく、残業代を『元々支払ってくれている』というところです。

 

全ての会社が固定残業代の制度を導入しているわけではないので、求人情報に記載があるかどうかチェックしてくださいね。

 

 

結婚や出産、身内の不幸などの際に使用できる制度「慶弔〇〇」って?


例えば慶弔見舞金慶弔休暇などのことを指します。「慶弔」とは、結婚や出産などのお祝い事、葬式といった不幸の事、どちらの意味も持っています。元々慶事が幸せな出来事、弔事が不幸の事を指すので組み合わさった言葉ですね。

 

慶弔の場合には会社から見舞金や休暇をもらえることがあります。例えば結婚・出産祝い、傷病・災害の見舞い金、結婚による休暇・葬式による休暇などが存在します。

 

会社によって慶弔見舞金の金額や休暇日数は異なりますが、このような制度がある会社は少し安心できますね。ぜひ注目してみてください。


わからない用語はしっかりと調べておこう!


いかがでしたでしょうか?「バッチリわかった!」「なんとなくわかった」理解度は人によって異なると思いますが、イメージはついたかな、と思います。

 

他にも職種によっては「施工」「インフラ」「WEBデザイン」など分からない単語がでてくると思いますが、わからないままで終わらせず、ぜひまずはインターネットで調べてみてください。

 

調べることでよりその会社について理解することができるだけでなく、より自分にとって合う会社に出会える可能性が高くなります!
後悔しない就職活動にするためにも、手間を惜しまず頑張っていきましょう!

ジョブドラフトNavi

ログインしてください。

本機能を利用するにはログインが必要です。